【丹羽経済塾】~新財源システムを提案する会~

松田政策研究所

令和元年7月度の「丹羽経済塾~新財源システムを提案する会」

「マネー循環の新たな仕組みと財政運営
~増税派も反増税派も超える『増税抑制派』からの政策設計~」

消費増税をめぐって、あなたは増税派?それとも反増税派?こうした二者択一的な色分けが、世の中の財政論議を不毛なものにしています。いずれのどちらなのか、といった問題の立て方からは答は導かれません。両者を少し超越して、異次元の財政論議を展開する新しい提案として、「増税抑制派」という立場を立ち上げてみたいと思います。
リアリズムに立った政策論をするなら、財政をめぐる様々な仕組みが現在のままであれば、日本は超高齢化の進展で、消費税率25~30%の国になってしまいます。真の課題は、今後どのようにして、こうした消費税率の上げ幅を大きく縮小させるかではないでしょうか。
財務官僚出身の松田学会長は増税派(財政再建派)とみられることが多いのですが、実は、本人は、どちらなのかと問われれば、増税派も反増税派も超えた「財務省に増税させない派」だと答えています。つまり、財務省が増税を打ち出す必要がない状況をいかに創り出すかにこそ、財政問題の真の解決策が見えてきます。
次回は、その答として、いくつかの提案をし、「新規財源システムを考える会」にふさわしい松田会長の立ち位置を明確にしながら、世界ダントツ一位の対外純資産が象徴する日本の金融資産のフロー化、財政運営の仕組みの再設計、永久国債の活用、MMTの次なる考え方としての「松田プラン」や、最近の仮想通貨の動向、その発展型としての「無税国家論」の可能性まで、総合的に議論する場としたいと考えています。


【日 時】7月28日(日)17:30-19:30
【テーマ】「マネー循環の新たな仕組みと財政運営~増税派も反増税派も超える『増税抑制派』からの政策設計~」
【講 師】松田 学(丹羽経済塾会長)
【参加費】1,000円 ※学生は無料:受付でお申し出ください
【会 場】『防災教育中央振興会』:保険毎日新聞社ビル7F 〒101-0032 東京都千代田区岩本町1丁目4-7 TEL:03-3865-9299
【交通案内】日比谷線「小伝馬町」駅の駅舎を出てから北へ200メートルくらい。
【地図はこちら】http://ur0.biz/Ph18


【過去の記録動画】

丹羽経済塾

〇 2019.03.23 丹羽経済塾①『情報技術の革新でこう変わる!通貨、財政、金融、経済、そして社会の仕組み~松田学著「いま知っておきたい『みらいのお金』の話」出版記念講演~』
〇 2019.03.23 丹羽経済塾①『情報技術の革新でこう変わる!通貨、財政、金融、経済、そして社会の仕組み~松田学著「いま知っておきたい『みらいのお金』の話」出版記念講演~』
〇 2019.03.23 丹羽経済塾【質問編】②『情報技術の革新でこう変わる!通貨、財政、金融、経済、そして社会の仕組み~松田学著「いま知っておきたい『みらいのお金』の話」出版記念講演~』
〇 2019.02.11 丹羽経済塾【公開討論】①『疑問に答える!消費増税と積極財政 ~ソリューションとしての「松田プラン」と暗号通貨をめぐって~』
〇 2019.02.11 丹羽経済塾【公開討論】②『疑問に答える!消費増税と積極財政 ~ソリューションとしての「松田プラン」と暗号通貨をめぐって~』
〇 2019.02.11 丹羽経済塾【公開討論】③『疑問に答える!消費増税と積極財政 ~ソリューションとしての「松田プラン」と暗号通貨をめぐって~』
〇 2019.01.13 丹羽経済塾『米中覇権争いの構図と日本の財政~情報技術と通貨金融基盤をめぐって~』
〇 2018.12.22 丹羽経済塾『暗号通貨の行方と新時代の財政金融~『松田プラン』と情報技術の進歩が魅せる未来社会~』


【丹羽経済塾 参加申込】

丹羽経済塾 参加のお申込は下記URLよりお申込みください。

丹羽経済塾

【お問い合わせ】
E-mail. kulihala@sepia.ocn.ne.jp(栗原 茂男 宛)
FAX:03-3714-3622 携帯:090-7218-5584