【会員規約】


= 第1条 規約の適用 =

会員規約(以下「本規約」といいます)は、松田政策研究所(以下「当団体」といいます)が運営する「松田政策研究所(MPI)チャンネル」(以下「本サイト」といいます)に付随する会員サービス(会員サービスの一部として提供する会員向けメールマガジンサービスも含みます)を利用する利用者に適用されるものとします。なお、当団体の提供する各種サービスのうち、当団体が指定するサービス(以下「本サービス」といいます)を利用する利用者(以下、本サイトの利用者と併せ、「利用者」といいます)および会員(次条で定義するものとします)に対して適用されるものとします。

= 第2条 会員 =

会員(以下「会員」といいます)とは、本サービス上で当団体の定める必要な情報を登録し、当団体により独自のID(以下「ID」といいます)が付与された者をいいます。(当該情報登録よりID付与までの手続きを、以下「ID登録」といいます)。ID登録後、会員は本サービスにおける会員向けサービス(以下「対象サービス」といいます)を利用できるものとします。
利用者は、ID登録した時点で、本規約の内容に同意したものとみなされます。利用者は、ID登録に際して、以下の条件を守るものとします。
①本サービス上の会員登録専用ページの入力欄に、自身に関する真実かつ正確なデータを入力し、ID登録を行うこと。
②会員登録において、代理による登録を行わないこと。但し、EPARK利用施設の従業員による登録等、別途当団体が認める方法により、代理で登録した場合は、この限りではない。
③ID登録時にメールアドレスを登録する際は、自身の保有するメールアドレスを登録すること。
④メールアドレスを登録する際に、他人のメールアドレスで登録を行わないこと。
⑤①の入力事項に変更があった場合、会員は速やかに登録内容の変更を行うこと。
会員は、IDおよびパスワードを会員自身の責任において厳格に管理するものとします。
会員は、自己が本サービスを利用する場合、サービス利用規約を確認し、同意した上で、当該サービスを利用するものとします。

= 第3条 メールマガジン =

会員は、本規約に同意することにより、弊社の提供するメールマガジン(以下「本メールマガジン」といいます)を購読することができるものとします。当団体は会員に対して、メールマガジン、運営上の事務連絡を含む電子メールを配信できるものとします。当団体は本メールマガジンの配信を登録された会員のメールアドレスのみに送信するものとします。そのため、メールアドレスを登録していない会員については、メールマガジンを受け取ることはできません。会員は、当団体が、会員に対し、当団体および当団体の提携先等の第三者に関する広告、宣伝等を含む電子メールの送信を行うことにつき、あらかじめ同意するものとします。会員が本メールマガジンの配信提供を希望しない旨を、事前または事後に次条に定める当団体所定の方法で連絡した場合は、緊急やむを得ない場合を除いて、情報の配信提供を行わないものとします。本メールマガジンによって提供される文字、写真、映像、音声等のすべての著作物、肖像、キャラクター、マーク、その他の情報に関する一切の権利(所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティー権等)は、当団体もしくは当該権利を有する情報提供元に帰属します。会員は、本メールマガジンにより会員に対して提供されるコンテンツについて、一切の権利を取得することはないものとし、権利者の許可なく、所有権、著作権を含む一切の知的財産権、肖像権、パブリシティー権等、コンテンツ素材に関する全ての権利を侵害する一切の行為をしてはならないものとします。本条の規定に違反して問題が発生した場合、会員は、自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当団体に何らの迷惑または損害を与えないものとします。

= 第4条 メールマガジンの登録解除方法 =

会員は、対象サービスを利用するにあたり以下の行為または以下に該当するおそれがあると当社が判断する行為を行わないものとします。
①他の利用者または第三者の著作権、肖像権、その他知的所有権を侵害する行為
②他の利用者または第三者の財産、プライバシー等を侵害する行為
③他の利用者または第三者に対する誹謗中傷、迷惑となる行為、不快感を抱かせる行為
④当社のサーバー等のコンピュータに不正にアクセスしたり、有害なコンピュータプログラム、有害なメール等を送信または書き込む行為
⑤対象サービスを商用目的で利用する行為
⑥犯罪的行為に結びつく行為
⑦対象サービスを通じて入手した情報を、複製、販売出版その他私的利用の範囲を超えて使用する行為
⑧対象サービスの運営を妨げ、あるいは当社または提携先の信頼を毀損するような行為
⑨営業活動、営利を目的とした情報提供活動を行う行為
⑩対象サービスを使用して、当社または提携先を故意に虚偽情報の提供や脅迫によって困惑させる行為
⑪その他、法律、法令、公序良俗または本規約に違反する行為または違反のおそれのある行為

= 第6条 利用規約の違反等 =

会員が以下の各号に該当した場合、当社は、当社の定める期間、本サービスの利用を認めないこと、又は、会員の会員資格を取り消すことができるものとします。但し、この場合も当社が受領した料金を返還しません。
①会員登録申込みの際の個人情報登録、および会員となった後の個人情報変更において、その内容に虚偽や不正があった場合、又は重複した会員登録があった場合
②他の会員又は第三者に不当に迷惑をかけたと当社が判断した場合
③本サービスの運営を妨げた場合
④本規約に違反した場合
⑤法令に違反した場合
⑥その他、会員として不適切であると当社が判断した場合
当社が会員資格を取り消した会員は再入会することはできません。当社の措置により会員に損害が生じたとしても、当社は、一切損害を賠償しません。員が本規約に違反し、当社、他の会員又は第三者に損害を与えた場合、会員は、その損害を賠償するものとします。

= 第7条 規約の変更 =

当団体は本規約を会員への事前の通知なく変更することができるものとします。本規約の変更が、次条に定める方法に従って会員に通知された場合、以後会員には変更後の本規約が適用されるものとします。当団体が前項に基づき規約の変更を行った後、会員が対象サービスを利用した場合、会員は本規約の変更を承諾したものとみなします。当団体は、本サービスの一部又は全部を変更又は廃止することができるものとします。

= 第8条 退会 =

会員は、当団体の定める手続きにより退会することができるものとします。会員が退会した場合、当団体は退会日から直ちに会員記述情報を削除することができるものとします。当団体は、会員が退会した場合も当団体が受領した有料サービスの料金を返還しません。有料コンテンツに係る、会員の当団体に対する一切の債務は、退会した後においても、その債務が履行されるまで消滅しません。

= 第9条 免責 =

当団体は、会員サービスの提供の遅滞、変更、中止または終了について、会員契約上の義務に関するものを除き、会員に対して責任を負わないものとします。当団体は、会員サービスの利用に関して会員に生じた損害について、当団体に責任がある場合を除き責任を負わないものとします。当団体は、第三者の責に帰すべき事由によって、会員が会員サービスの全部または一部を利用できないことについて、責任を負わないものとします。当団体は、下記の場合、会員への事前通知を行うことなく当該会員への対象サービスの全部または一部の利用停止・終了、登録IDの抹消、登録メールアドレスの削除ならびに会員資格の剥奪、損害賠償請求等の必要な対応(法的措置を含みますが、これに限りません)を行うことがあります。なお、当該対応の結果、会員に損害や不利益が生じた場合でも、当団体は一切の責任を負わないものとします。
①定期的または緊急に本サービス提供のためのコンピューターシステムの保守・点検を行う場合
②対象サービス提供のためのコンピューターシステムの不良および第三者からの不正アクセス、コンピューターウイルス等の感染等によりを対象サービス提供できない場合
③法律、法令等に基づく措置により対象サービスが提供できない場合
④通信回線等の障害により配信が困難な場合
⑤火災、停電、天災等の不可抗力により配信が困難な場合v ⑥会員が、直近の3年間、当該会員のIDでの利用(ログイン)実績がない場合であって、かつ当団体からの電子メールによる各種連絡がエラーで送付できない状態にある場合
⑦会員が本規約または対象サービスの利用時に提示されるサービスごとの利用規約や諸注意等(総称して、以下「サービス利用規約」といいます)に違反すると当団体が判断する場合またはそのおそれがあると当団体が判断する場合
⑧会員が、当団体が対象サービスの運営上不適当と判断する行為を行った場合